ピアノの引越し

作業員

引越しをする時、ピアノは引越し会社では運ぶことができません。ピアノはとても重いというだけでなく、運送に当たっては慎重な扱いをする必要があるため、ピアノ専門の業者でないと、運送できないのです。引越し会社にピアノ運送を依頼することもできますが、実際に引越しの時には、引越し会社から委託された専門業者がピアノを運送することになります。 自分で専門業者を探すのがめんどうだという人は、ピアノ運送も引越し会社に依頼すれば手間がかかりませんが、費用を少しでも安く済ませたいという人は、インターネットなどで専門業者を探して見積もりをしてもらうといいでしょう。 ピアノ運送会社に電話してどのようなピアノか、どこからどこに運ぶのかなどの条件を伝えると、無料ですぐに見積もりを出してくれます。業者によって価格は違うので、何社かの見積もりを比較して、安い業者に依頼するといいでしょう。

ピアノを運送する場合、運送中に揺れやピアノ内部のズレなどで調律に歪みがでてしまいます。このことから、グランドピアノだけでなくアップライトにおいても運送後の調律は必然となります。 アップライトの場合はそのまま運搬するケースがほとんどですが、グランドピアノの運送は3本の足やペダルを取りはずし、鍵盤を垂直にして運ぶのでトラブル回避のため、それなりの知識を持っている運送会社に頼むことが望ましいでしょう。 また、運送後に調律という流れが基本となりますので、できれば調律師が搬送先に立会ってくれるかどうか交渉してみるといいでしょう。 調律師からピアノに特化している運送会社を紹介してもらえるケースがあるので是非相談してみてください。